払いすぎたお金を戻す方法 借金返済

払いすぎたお金は戻せます

過払い金請求・過払い請求という言葉をご存知でしょうか?
今、借金返済・借金問題で1番重要視されているポイントです。

最近、ラジオやテレビなどで、払い過ぎた利息を返してもらう、返ってくるというものを聞いた人もあるでしょう。

 

 

過払い金はなぜ戻ってくるの?

そもそも、金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています。
一般的にこれを超える部分は無効となるのですが、現実に消費者金融業者は、出資法という別の法を利用し、貸付け制限利率を超える利息が貸し付けていました。
この二重構造の金利をグレーゾーン金利といい、長期間にわたってグレーゾーン金利のもとで返済してきたものを利息制限法で計算し直し、払いすぎている額を過払い金として返金の請求することを過払い請求と言いいます。

 

 

借金返済のシミュレーション

今、みんなが使っている弁護士法人 ベリーベスト法律事務所の借金シミュレーターを紹介します。
無記名登録、ネット無料診断が行えます

 

 

借金返済 街角法律相談所

件数、総額、毎月の返済額を入力することで、改めて現状を把握しそのための対策を知ることができます。

 

 

弁護士・司法書士に依頼するとどれくらいお金がかかるの?

借金整理には弁護士さんや司法書士さんにお願いするとこんなメリットがあります。
借金取り・債権者からの連絡がなくなります。
弁護士・司法書士があなたの窓口になりますので、強制的に本人への連絡が不可能となるからです。

では、どこからお金がかかるのか?
一部各事務所によって違いますが、ここでおすすめするのは、相談無料、着手金無料、成功報酬のみという良心的な事務所です。

成功報酬というのは、過払い金請求の一部を成功報酬として支払うものです。
支払うと言っても、実際は、消費者金融から払い過ぎたお金として返金されるお金の一部ということなので、お金を用意する必要はありません。

親身になって相談に乗ってくる弁護士事務所。

 

 

評判のいい弁護士事務所

弁護士法人 中央合同法律事務所
弁護士法人 中央合同法律事務所
弁護士法人 中央合同法律事務所 過払い返金:長期間、高い利息で返済をしていた方は是非。
相談料は0円、初期費用0円。また安心の成功報酬制度です。
平日だけでなく土日祝祭日も対応、全国対応 出張可能。

 

 

 
45年の実績のリヴラ総合法律事務所がおすすめです。リヴラ総合法律事務所
初期費用はかからず、一緒に問題を解決していくというスタンスを取ってくれますので安心です。
簡単過払い計算システムあり!借金返済方法テクニック

借金返済方法 キャッシング

キャッシングでの借金返済方法で知っておきたい注意点
キャッシングはお金を借りることですので、当然返済をしていかなくてはなりません。借金返済方法の注意点をしっかりと理解して返済をしていくようにしてください。

まず初めに重要な借金返済方法は金利の高い返済元から返することです。通常は利息プラス元本が返済金額になりますので、複数の借入がある場合には利息になっている部分を早めに減らす方が良いです。

ですので金利が少しでも高い業者から順番に返済をするようにしてください。そして完済するまでの期間が長ければ長いほど、支払わなくてはならない利息が多くなりますので、ボーナスなどでお金に余裕があるときには返済に回して、少しでも早く返済をするようにしてください。

そして借金返済方法の最後の注意点ですが、それは返済期日はしっかりと守るようにしてください。様々な事情によって返済が滞ることもあります。しかしそうなると年利20%以上の延滞損害金が発生する場合もありますので、必ず期日は守るようにしてください。

自己破産
自己破産申請手続き@自己破産する前にできる事

返せない借金を減額する方法

返せない借金を減額する方法に債務整理があります。信用情報に傷が付くデメリットがありますが、返済の負担が少なくなるので生活が楽になります。
利息制限法の上限を超える金利で借り入れていた場合、特定調停を利用すると超過分をカットでき、手続きに必要な費用も安く済みます。
任意整理も同様に利息制限法の上限を超えた分をカットできますが、利息制限法の範囲内の金利で借りていた場合でも、今後の利息をカットできることが多いので有効です。司法書士や弁護士が債権者と交渉するため、借金の原因がギャンブルなどの免責不許可事由に相当するものでも利用できます。
超過分や利息のカットでは対応できない場合には個人再生を行います。返済計画を立て、実際にそれに従って返済できるかテストされますが、借金を大きく減額できます。
返済能力がなく、どうしても借金を返済できない場合には自己破産します。一定以上の財産がある場合は処分が必要ですが、返済義務がなくなるため、減額効果が最も高くなります。ただし、返済能力があると見なされた場合は利用できません。